人生の栄養剤となるブログ

年収1,000万を超えるためにやってきたこと、仕事術を紹介。時々、趣味や仕事、資産運用について。

資産500万円達成~やってきたこと~

スポンサーリンク

資産500万円

こんばんは。なんか部屋が寒いと思ったら、「冷房」になっていたdaikobaです。

 

新年度も始まり、4月1日というタイミングで新元号が発表されましたね。

 

自分の会社でもリアルタイムでネット中継を見ている人がおり、ふと「めいわ」と聞こえ、明治と昭和を混ぜたのかい!?と思っていたら令和と後になってわかりました。

 

色々あった平成の時代ももうすぐ終わり、新たな時代がやってきますね。

とは言っても1日1日を大切に過ごしていきたいと思っています。

 

今日は、資産状況について、書いてみます。

もともと2020年までに1,000万円の資産をためる目的で始めたブログです。

最近は趣旨を変更し、5,000万円に変えました。

 

www.daikoba.com

 

 途中、こんなことも書いてみたりもしました。当時の予測が700万円でした。

www.daikoba.com

 

ただ、2018年1月から色々な出来事があり、このような形で、無事に2020年までに1,000万円を貯める目途が見えてきたのと、資産500万円を達成したので記事にしました。

 

f:id:fsse_2003:20190401221850p:plain

 

資産500万円に向けて行ってきたことはこちらです。

 

 

 1.引っ越し

2018年5月に引っ越しを行い、住居費を5万円/月減らしました。

良いところに住みたいという願望ってあるものですが、駅から徒歩15分程度にある、築10年程度のURに今は住んでいます。

 

駅まで自転車で通っていたり、雨の日は面倒でタクシーを使うこともあり、なかなか大変なところもありますが、固定費の削減は大きいです。

 

2.車の売却

ちょうど、2018年末にローンと車検のダブル支払いが来る予定でした。

最近はカーシェアなども増えており、本当に持つべきか悩みに悩みました。

 

ただ、約4万円程度かかる維持費に対する、自分の見栄や幸せ度を考えると、車を持つ必要がない!と思い、売りに出しました。

中古車の売り方については、ここでまとめてます。

 

www.daikoba.com

 

3.転職

これはできる人とできない人がいるとは思いますが、転職をしたことで給料があがりました。

厳密にいうと、給料はそんなに変わらないのですが、新しい会社で支払われる住宅費のインパクトが大きく、トータルで15%程度年収を上げることができました。

 

4.家計管理ソフトによる資産管理

 読者の方は、今月いくら使ったか、すぐにわかりますか?

プラスですか?マイナスですか?

もしくは、今月の予算までにいくら残ってますか?

 

当たり前の考えではありますが、支出を減らして、収入を増やす。

これが上手くいくことが、特に初期の段階での資産増加のポイントだと思います。

 

自分はマネーフォワードを使ってます。

(無料だと口座数が5つまでしか登録できないので、480円/月はらって、プレミア版です)

 

moneyforward.com

 

目標達成において、見える化は重要です。

自分はこのような順番で使用頻度が多いです。SUICAや現金についても、都度入力し、見える化を行って、使い過ぎかどうか確認しています。^^

 

・クレジットカード

・SUICA

・現金 

 

5.インデックス投資

貯金したお金は、インデックス投資に回しています。

生活防衛資金は、、、今のところ100万円前後をうろうろしています。

 

インデックス投資に投資する理由は、下記の記事が参考になるかと思いますが、このような状況です。

 

収支:+20万円

(積立金額:約350万円/資産:約370万円)

貯金しているだけでこれだけ増えるでしょうか?

f:id:fsse_2003:20190420183351p:plain

 

後大きなもう一つインデックス投資をやっている理由は、自動積立による、強制的に手元から消える仕組みです。

別にインデックス投資ではなくてもいいのですが、手元にあると使ってしまうものなので、強制的に引かれる仕組みが簡単に構築できるのはありがたいです。

 

このアイデアについては、この本がとても参考になりました

 

www.daikoba.com

 

まずは、できるだけ早く、資産:1,000万円を達成できるようにがんばっていきます。

 

インデックス投資(外国株式)をする理由

www.daikoba.com

 

生活防衛資金についての考え方(昔、困ったことがありました) 

www.daikoba.com

 

インデックス投資などをもう少し深く勉強するならこちら 

www.daikoba.com