人生の栄養剤となるブログ

趣味も仕事も楽しみながら、安定した老後生活を目指すための資産運用を報告していくブログです。時々、サッカーの分析記事も書きます。

車の良い売り方~中古車一括査定の利用で+30万円得した話~

こんにちは、daikobaです。雨と台風が多い年ですね。。

 

前回の記事で、維持費と自分の感じる満足度を考えた結果、車を売ることにしました。

中古車一括査定を使ったことで、普通の査定に比べて、+30万(100万前後⇒130万円)で売ることができました。

 

いくつか知らないことがあったことで、ちょっと精神的に疲れはしましたが、記事に書いたことを事前に知っておくと疲れもなくなると思いますので、今回は、自分が経験した車の売り方について書きたいと思います。

 

 1.車を売るまでの流れ

車を売るまでの流れですが、このような流れです。

 

①.一括サイトから申し込む

「中古車一括査定」のような用語で検索すると、色々出てくると思います。

大体業者は近いのですが、複数申し込むとそれだけ業者が増えるので、良いかと思います。

 

色々な記事にも書かれていますが、登録した数秒後には電話がかかってきます。

立て続けに電話がかかってくるので、真面目に対応していると、2時間程度は拘束されると思います。

写真撮らなかったですが、着信通知のSMSが100件は余裕で超えてました。。

 

業者が聞きたいことは、住所や車の基本情報、査定日です。

 

なので、査定日時は事前に決めておきましょう!

 

より高い価格で売るために、我慢です。

 

 

②.業者におよる査定⇒金額を出せる業者が残っていく

いざ査定日になると、予約した業者が続々と来ます。

挨拶と同時に名刺交換をして、売る時期や修理箇所、希望価格を伝えてから査定が始まります。

 

一斉に業者が来てどうなるんだろう?という不安がありましたが、心配ありません!!!

 

業者はそのことを十分承知しています。

 

中には顔見知りで、挨拶している人たちもいました。

 

ちなみに、一つの車に、何人もの査定者がいるのはちょっと変な光景でした。

一人が運転席に座り、一人はトランクルーム、一人はエンジンルーム、他の人は車の傷周りをチェックなどなど

 

言い方が変ですが、皆さんスーツを着て黒いので、砂糖に群がるアリ、のような。

 

ここで一つのポイントですが、査定者はなにも権限を持っていません。

車を見て、本部に伝えるという、仲介人です。

 

30分程度車をチェックすると、本部に連絡をして、いくらぐらいの価格が出せるのか待ちます。

ここで、こちら側の査定金額にならない、という業者さんは続々と帰って行かれます。

 

③.セリ形式で価格と業者を決定(これが本番)

ここで欲しい業者さんが残ります。

 

自分は輸入車だったのですが、結局本部がその車を欲しいかどうかです。

すでに、本部側で同タイプの車があったりすれば、魅力がないというわけですね。

そういった業者は早々に帰っていきます。(来ていただいたのに、申し訳ないのですが)

 

ここから駆け引きが始まると同時に、大体残る業者もお互い知ってますし、どういう出方をするのか知っています。

最終的にどうするか、この2択です。

 

方法1:名刺の裏に書いてもらって、一番高い業者に決めるタイプ

方法2:オークション形式(1,000円単位など値段を吊り上げる方法ですね)

 

自分の場合、最終的に4社が残りましたが、自分の希望金額に合ったのが最終的に1社しかおらず、そこに決まりました。

 

ちなみに、査定は大体1.5~2時間ぐらいかかりました。

色々書きましたが、素人なりに、高く売るために抑えておくべきポイントをまとめてみます。

 

 押さえておくべきポイント

-DMM Autoなどで、市場価格を理解しておく

DMM Autoはフロント、タコメーター、車検証の写真3枚で価格を付けてくれるサービスです。

今回利用はしなかったのですが、一つの基準になりました。

 

auto.dmm.com

-中古車業者はある程度顔見知りで、同タイミングで査定を行うことになれている

同じ時間に来て大丈夫だろうか?という不安を持たれる方もいるかと思いますが、

業者さんは慣れていますので、安心してください。

 

知り合い同士で雑談しながら査定している人もいました。

そして、あくまで決定権を持っているのは、本部です。

 

-自分の売るべき金額を明確に持っておく

業者は安く買おうとするので、値下げしようとしてきます。

 

いくらで車を売りたいのか、これを明確に持っておくべきです。

 

残債から考えるのか、カーセンサーで大体の市場相場感を知っておくのか、前述のDMM Autoを使うのか、などで、金額間の間隔をつかんでおくべきです。

 

まとめ

この一括査定を使わなければ、1社1社業者が来て査定をするだけです。

1年前にも同様のサービスを使ったことがありますが、1社1社来て、ある程度近い金額を提示され、こちらの希望には遥かに遠く、、帰っていただくだけでした。

 

おそらく、今回も1社ずつ来ていただいていたら、100万円という金額を提示され売ることをやめていたでしょう。

しかし、競合状態になることで、130万円まで上がりました。

 

業者との駆け引き、最初の電話対応など面倒なところもありますが、+30万円であれば満足です。

 

ぜひ興味ある方は使ってみてください。

 

余談

ちなみに、これは引っ越し業者の一括見積にも使えるのではと思ってます。

今まで1社ずつ家に来てもらって、即決なら〇〇です。と言われ、もう1社くるからな、、、と考え、結局高い値段になったことがあります。

 

引っ越しも考えているので、今度やってみたいと思います。