人生の栄養剤となるブログ

趣味も仕事も楽しみながら、安定した老後生活を目指すための資産運用を報告していくブログです。時々、サッカーの分析記事も書きます。

生活防衛資金について考えてみました

こんばんは、daikobaです。

 

少し生活防衛資金について考える機会があったので、まとめてみたいと思います

 

生活防衛資金とは

シンプルに言うと、すぐに引き落とせる口座にある、資産のことです。

 

何もしてないと、金融資産は「銀行の預貯金」だけですが、

インデックス投資をやっていると、

 

・銀行の預貯金

・投資口座にある資金

 

という二つに分かれます。

2番目の投資講座にある資金については、引き出すのにすぐに引き出すことが出来ないです。

もちろん、クレジットカードを使った金額が引き落とされる先は、銀行の預貯金になります。

 

この銀行にある預貯金であったり、すぐに手元に引き出すことのできるお金のことを、

生活防衛資金、と言っています。

 

震災などの災害があった際など、投資口座にある資産は引き落とすことが難しいというのが考えです。

 

生活防衛資金はどれだけあればいいのか?

色々な本をよんでも、3ヵ月だったり、半年であったり、2年間であったり、色々書かれています。

結論から言うと、これからの皆様の生活スタイルに応じて変わってくる、というのが結論だと思うのですが、自分のケースを紹介していきます。

 

自分は、3ヵ月を基本にしていましたが、今回のケースでは、少し不安になりました。

 

賃貸で2年間の更新を迎えるので、引っ越しをすることを決めました。

 

引っ越しとなると、家にもよりますが初期費用としてこれだけの金額が必要になってきます。

 

・敷金と礼金

・開始月の家賃振込

・引っ越し代金

・その他(粗大ごみ、新しい家で購入するものなど)

 

これらの出費があった今(2018年5月20日時点)で、給料日前というのも重なり、

手元にある銀行口座のお金が20万円を切る金額になってしまいました。。。

 

もちろん、敷金の返却や、前のマンションが途中で抜けているのですが、1ヵ月分全額の家賃を払っており、それに伴う返金がこれから受け取ります。

 

ただ、それらの入金時期はすぐではなく、新居で必要なものをクレジットカードで買っているので、数か月はドキドキの生活です。。

 

エアコンがないので、他に買いたいものも含めて、電器屋さんのまとめ買いカウンターで相談しても

 

「すみません、、今、手元に資金があまりなく。。」

 

と答える有様です。(涙)

 

さらに、5月は自動車税の支払い時期です。

敷金の返却を、本当に首を長くして待ってます。

 

失敗の原因

この経験を活かして、何が失敗だったのかを考えました。

 

原因1.「賃貸の更新時期」が抜けていた

そのまま住めばここまで困ることはなかったですが、そんなに満足していなかった部屋でした。

そのため、更新金額を受け取れば引っ越しをすることは予想できました。

その2年間のタイミングというのを完全に抜けてました。

 

原因2.ボーナスの8割を投資に回した

すべてが失敗1につながるのですが、3月にあったボーナスの8割近くをインデックス投資に回しました。。

生活防衛資金を増やすタイミングはあったのですが、これからの出費タイミングのことを考えず、ボーナスのほとんどを投資に回しました。

 

 

逆に良かったこともありました

ただ、生活防衛資金が少なかったことで、買い物にストップがかかっているのは、

大きなメリットです。

もし余裕があったら、家電など衝動買いしていたことでしょう。

そういう意味で、少なくて良かったと思ってます。(節約生活が出来てますし)

 

 

結論

何かあった時のために生活防衛資金をためておく必要がありますが、

先ほども書いたように、その金額における安心感というのは、人によって変わってくると思います。

 

〇ヵ月分の生活費という考え方もそうですし、〇〇万円という基準でも良いと思います。

 

自分はハイブリットの考えで、3~6か月分の生活資金だけど6か月は多いから、最低100~200万ぐらいの資産が銀行口座にあれば安心かな、という考えです。

 

200万円以上手元にあると無駄に使ってしまいそうです。

 

ただ、一つ言えることは、お金の利用は計画的に

 

インデックス投資といえど、投資生活を通じて、投資をしていない人よりお金に向き合ってる時間であったり、意識が高いと思います。

 

きっとそれだけで、資産を増やす可能性が高いと思ってます。

 

そんなとき、一時的な出費がどこで起きてくるのか、ゆっくり考える時間を使って、

お金に向き合えればいいのかな、と思いました。

 

一応、2020年までの月ごとの資産計画シートは作っていたんですが、、、