人生の栄養剤となるブログ

趣味も仕事も楽しみながら、安定した老後生活を目指すための資産運用を報告していくブログです。時々、サッカーの分析記事も書きます。

得点シーン振り返り~2018年ルヴァンカップ グループステージ Bグループ第5節 ジュビロ磐田対清水エスパルス~

こんばんは、daikobaです。

 

サッカーは90分の中でキーパーを除くフィールドプレイヤーの動きが複雑に絡み合って、ゲームが進んでいきます。

 

ボールを持っている選手を中心に見ることが多いですが、それ以外の選手の動きのサポートがあることで、スペースが生まれたりして、得点のチャンスやパスコースが開きます。

 

得点シーンを中心に、Jリーグの中から「おっ、これは!」と思うシーンを取り上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

少しでも楽しみにしてくださる方がいらっしゃると嬉しいです^^

(ピックアップするチーム以外は、背番号で書きます)

 

さて、第一段として、今週の水曜日にあった

ルヴァンカップ グループステージ Bグループ第5節 ジュビロ磐田清水エスパルス】 

から、ジュビロ磐田の先制シーンを取り上げたいと思います。

 

www.youtube.com

中野誠也選手の2回の動き直しの良さに焦点が当たってますが、じつは隠れた動き出しがディフェンス陣を混乱させた点が注目です。

 

この得点は、清水エスパルスコーナーキックから始まります。

 

まずは、そのシーンです。

こうやって切り取りとわかりますが、ほぼゴールキーパーがキャッチする可能性が高いです。

 

右下に中野選手がいます。

f:id:fsse_2003:20180511200413p:plain

 

上の写真をみると重心が前に向かっているのが分かりますが、1秒後には画面から消えて、マークしていた清水エスパルスの選手だけが残っているのがわかります。

(この清水エスパルスの10番を覚えておいてください。)

f:id:fsse_2003:20180511200623p:plain

 

この中野選手の動きにつられて、清水エスパルスの10番の選手が中野選手を追いかけます。

そして、反対にそこに出来たスペースに同じく抜群の判断で右サイドへ斜めの方向に走るのが荒木選手です。

同時に、キャッチした後、前にスペースがあったので、三浦選手も前に向かって走り出しています。

 

f:id:fsse_2003:20180511201015p:plain

 

このシーンがとても大事だと思ったので、深堀りさせて頂きます。

 

ちょっと一人が被ってて見えにくいのですが、PA内にジュビロの選手が7人います。(GKを除く)

そして、清水エスパルスの選手がPA内に6人、そしてCKなので、映っていないところに(サイド)に1人います。

 

そうすると、おそらく広大な前方のスペースには、3対3の状況が出来ていると考えられます。きっとそれを見て、三浦選手はすぐに前に出たんでしょう。

 

さらに、CKだと、FW1人に対して、DFが2人のマークがつきます。

 

そうすると、清水エスパルス側の方としては、3人の内の1人が最初のシーンで中野選手をマークしていた10番の選手になるので、荒木選手はフリーの状況で走っているといえます。

 

その状況を一瞬で判断して、荒木選手の前に「ピンポイント」なスローインをした三浦選手は流石です!

 

もちろん、それを可能にしたのが中野選手の動き出し1です。

動きにつられたことで、下のシーンで、荒木選手と清水エスパルスの選手の間にスペースが出来てます。

この清水エスパルスの選手の動きをみると興味深いですが、一度中野選手を追いかけて、スローインとわかると引き返してます。そうなったことで、荒木選手へのプレスが遅れました。

f:id:fsse_2003:20180511201954p:plain

 

そして、次のシーンです。

ボールがギリギリではあったのですが、荒木選手が個人技で中にターンをして、この状況を作り出します。

ここも、スピードに自信があったりするとサイドでスピード勝負になるケースもあるので、中への切り返しを選択したのは、さすがですね!

 

やはり、3対3の状況が出来ているのが分かります。

f:id:fsse_2003:20180511202329p:plain

 

ここから先は、荒木選手の素晴らしい個人技と、中野選手の動きだしで、見事な得点が生まれました。

 

ただ、エスパルス側としては、

●荒木選手が最初にボールに触れたところ

●1対1で中に切り替えされ、パスを出す余裕を与えてしまった

で、止めるチャンスはあったので、悔やまれるところでしょうか。

 

ただ、やはり最初のボールが荒木選手に渡ったところがスタートなので、

そういった意味で、中野選手の動き出しがグッドだったと思います!

リプレイ見ると、忍者のように、画面から消えます(笑)

 

(荒木選手のもらう動きとボールの持ち運びもとても好きなのですが、そこは見ても分かりやすいので、、)

 

明日も勝利を期待したいですね!