人生の栄養剤となるブログ

趣味も仕事も楽しみながら、安定した老後生活を目指すための資産運用を報告していくブログです。時々、サッカーの分析記事も書きます。

VAR導入にむけて~Jリーグへの導入はまだまだハードルが高い~

こんばんは、daikobaです。

 

ずっと書こうと思っていた、VARについて書こうと思います。

 以前に、自分はこのような記事を書きました。

 

www.daikoba.com

 

ただ、先日DAZNで放送されている、Jリーグゾーンプラスに原博美さんが出演されたときに、VARの導入に向けて具体的にお話しされていたので、その内容をかいつまんで紹介します。

 

そして、簡単にVARというけど、導入に向けてのハードルの高さを感じました。

 

自分にとっては目から鱗だったのですが、VARの導入に向けて越えなければいけないハードルを知っておく価値はあると思い、この記事を書きました。

 

ハードル1:技術の向上

簡単にVARといっても、瞬時にその気になる場面を映し、VARを判断する審判がジャッジする必要があります。

 

そのため、、

 

・スイッチングの技術

・適切な角度から設営できるカメラの設置

・VARを用いて判断する審判

 

これらがしっかりと噛み合わないとVARは機能しません。

 

・スイッチングの技術

テレビ会社からスカウトするのでしょうか?専門職が高そうなので、人材が豊富とは思えません。

 

・適切な角度から設営できるカメラの設置

最近、DAZNもカメラの設置を増やして、色々な角度からの映像を観れるようになりました。

こちらの障壁はそんなに高くないかもしれません。

 

・VARを用いて判断する審判

 Youtubeで審判のジャッジを開設する番組をJリーグが最近始めましたが、まだまだ審判の技術向上が必要な状況だと思います。。

そんな中、VARを使って判断する審判を確保できるのか?これはなかなかの課題と感じました。

 

www.youtube.com

 

ハードル2:VARシステムの構築

原さんの話を伺っていて、本当はこちらが最初のハードルかもしれないと思いました。

夏場や終盤には全会場が同時刻キックオフになります。

Jリーグの場合、9試合です。

 

この時、VARを導入する際に検討することは次の2点です。

1.中央集約的に、VARセンターで確認するか

2.各会場ごとに、VARセンターを作るか

 

1.中央集約的に、VARセンターを設置した場合

万が一の可能性を考える必要があります。

9会場同時はさすがにないとして、3会場ぐらいが同時にVARが必要になるとします。

その時、中央集約的にすると1チームしかいないので、同時は難しいです。

 

大体の肌感覚ですが、VARに入ると5分前後中断するような印象です。

3会場同時になると、一番遅くに入ったところは5分 X 3会場で、判断が出るまでに15分も待たされることになります。。

待てますかね。。

 

2.各会場ごとに、VARセンターを作るか

1番の問題は解消されますが、9会場分のVARセンターを作ることになります。。

ワールドカップの場合、VARセンターに4名ぐらい審判チームがいました。

4 X 9会場で36人の審判チームが必要になります。

 

これだけの人員が確保できるのか、、今のJリーグだと、なかなか難しそうです。

 

ただ、このようなニュースもありますので、Jリーグでも導入は前向きには進んでいるのが見られます。

web.gekisaka.jp

 

このようにVARの導入に向けて、ハードルの高さを感じたのですが、今のJリーグにおいて、VARの必要性は高いという点については変わりません。

 

大変なことは十分承知の上で、関係者の方には、一歩ずつ前に進んでいってほしいと思っています。

車の良い売り方~中古車一括査定の利用で+30万円得した話~

こんにちは、daikobaです。雨と台風が多い年ですね。。

 

前回の記事で、維持費と自分の感じる満足度を考えた結果、車を売ることにしました。

中古車一括査定を使ったことで、普通の査定に比べて、+30万(100万前後⇒130万円)で売ることができました。

 

いくつか知らないことがあったことで、ちょっと精神的に疲れはしましたが、記事に書いたことを事前に知っておくと疲れもなくなると思いますので、今回は、自分が経験した車の売り方について書きたいと思います。

 

 1.車を売るまでの流れ

車を売るまでの流れですが、このような流れです。

 

①.一括サイトから申し込む

「中古車一括査定」のような用語で検索すると、色々出てくると思います。

大体業者は近いのですが、複数申し込むとそれだけ業者が増えるので、良いかと思います。

 

色々な記事にも書かれていますが、登録した数秒後には電話がかかってきます。

立て続けに電話がかかってくるので、真面目に対応していると、2時間程度は拘束されると思います。

写真撮らなかったですが、着信通知のSMSが100件は余裕で超えてました。。

 

業者が聞きたいことは、住所や車の基本情報、査定日です。

 

なので、査定日時は事前に決めておきましょう!

 

より高い価格で売るために、我慢です。

 

 

②.業者におよる査定⇒金額を出せる業者が残っていく

いざ査定日になると、予約した業者が続々と来ます。

挨拶と同時に名刺交換をして、売る時期や修理箇所、希望価格を伝えてから査定が始まります。

 

一斉に業者が来てどうなるんだろう?という不安がありましたが、心配ありません!!!

 

業者はそのことを十分承知しています。

 

中には顔見知りで、挨拶している人たちもいました。

 

ちなみに、一つの車に、何人もの査定者がいるのはちょっと変な光景でした。

一人が運転席に座り、一人はトランクルーム、一人はエンジンルーム、他の人は車の傷周りをチェックなどなど

 

言い方が変ですが、皆さんスーツを着て黒いので、砂糖に群がるアリ、のような。

 

ここで一つのポイントですが、査定者はなにも権限を持っていません。

車を見て、本部に伝えるという、仲介人です。

 

30分程度車をチェックすると、本部に連絡をして、いくらぐらいの価格が出せるのか待ちます。

ここで、こちら側の査定金額にならない、という業者さんは続々と帰って行かれます。

 

③.セリ形式で価格と業者を決定(これが本番)

ここで欲しい業者さんが残ります。

 

自分は輸入車だったのですが、結局本部がその車を欲しいかどうかです。

すでに、本部側で同タイプの車があったりすれば、魅力がないというわけですね。

そういった業者は早々に帰っていきます。(来ていただいたのに、申し訳ないのですが)

 

ここから駆け引きが始まると同時に、大体残る業者もお互い知ってますし、どういう出方をするのか知っています。

最終的にどうするか、この2択です。

 

方法1:名刺の裏に書いてもらって、一番高い業者に決めるタイプ

方法2:オークション形式(1,000円単位など値段を吊り上げる方法ですね)

 

自分の場合、最終的に4社が残りましたが、自分の希望金額に合ったのが最終的に1社しかおらず、そこに決まりました。

 

ちなみに、査定は大体1.5~2時間ぐらいかかりました。

色々書きましたが、素人なりに、高く売るために抑えておくべきポイントをまとめてみます。

 

 押さえておくべきポイント

-DMM Autoなどで、市場価格を理解しておく

DMM Autoはフロント、タコメーター、車検証の写真3枚で価格を付けてくれるサービスです。

今回利用はしなかったのですが、一つの基準になりました。

 

auto.dmm.com

-中古車業者はある程度顔見知りで、同タイミングで査定を行うことになれている

同じ時間に来て大丈夫だろうか?という不安を持たれる方もいるかと思いますが、

業者さんは慣れていますので、安心してください。

 

知り合い同士で雑談しながら査定している人もいました。

そして、あくまで決定権を持っているのは、本部です。

 

-自分の売るべき金額を明確に持っておく

業者は安く買おうとするので、値下げしようとしてきます。

 

いくらで車を売りたいのか、これを明確に持っておくべきです。

 

残債から考えるのか、カーセンサーで大体の市場相場感を知っておくのか、前述のDMM Autoを使うのか、などで、金額間の間隔をつかんでおくべきです。

 

まとめ

この一括査定を使わなければ、1社1社業者が来て査定をするだけです。

1年前にも同様のサービスを使ったことがありますが、1社1社来て、ある程度近い金額を提示され、こちらの希望には遥かに遠く、、帰っていただくだけでした。

 

おそらく、今回も1社ずつ来ていただいていたら、100万円という金額を提示され売ることをやめていたでしょう。

しかし、競合状態になることで、130万円まで上がりました。

 

業者との駆け引き、最初の電話対応など面倒なところもありますが、+30万円であれば満足です。

 

ぜひ興味ある方は使ってみてください。

 

余談

ちなみに、これは引っ越し業者の一括見積にも使えるのではと思ってます。

今まで1社ずつ家に来てもらって、即決なら〇〇です。と言われ、もう1社くるからな、、、と考え、結局高い値段になったことがあります。

 

引っ越しも考えているので、今度やってみたいと思います。

車の売却を決意しました!

こんばんは、daikobaです。

 

最近、約3年間持っていた車の売却をしました。

35歳までに車を持ちたいという目標があり、BMW 118iを2016年1月に新古車で買いました。

BMWというと驚かれるんですが、新古車だとMazdaCX-3などの国産車よりも安かったんです。)

 

約3年間、カーシェアサービスのAnycaを使ってみたりして、車という資産をいかそうとしました。

ただ、冷静に分析した結果、車検も12月に来るので、車検前に手放すことにしました。

 

名古屋までドライブしたり、ジュビロ磐田の試合を観に、磐田まで通ったりと色々と思い出の詰まった車だったので、悩みました。

 

費用対効果というか、支払いに対する自分の満足度みたいなのを計算したのと、金融資産を持つという目標を達成することを考えた結果、決めました。

 

車を持つことによる維持費と金額はこんなものでした。

①.車のローン: 396,000円/年

②.駐車場代:360,000円/年

③.保険代:72,000円/年

④.自動車税:30,000円

 

合計85万円!!! これが年間にかかる維持費です。

 

これに車を使うとなると、高速料金やガソリン代がかかってきます。

しかもETCってお金を払う感覚ないので、高速料金って結構後から請求見てびっくりするんです。。

 

都内に住んでいると、なくても十分生活できるのは事実!

 

金融資産の目標ー日々の困難-ドライブの楽しさ>>>車の維持

 

ということで、車を手放しました。

 

このように書くと冷静にみえますが、「愛車」を手放すのは相当悩みはしました。

 

何度もExcelで、車があった時とない時の数字を見比べてました(笑)

 

車は、中古買い取り業者に売ったのですが、とても興味深く引っ越しなどにも使えそうなネタがありましたので、次の記事で書きたいと思います。

ジュビロ磐田の得点分析

こんにちは、daikobaです。

 

ここ数か月で転職をしたり、車を売却したり、目標としていた資産の達成が現実味を帯びてきたり、色々なことがありました。

 

改めて、ブログを書いていきたいと心機一転頑張ろうと思います。

 

さて、今回は趣味の一つであるJリーグについて書きます。

 

ジュビロ磐田を細々と応援しているのですが、今年はよくないんですよね。。

 

怪我人も多く、色々な要素が絡んできているのと、稀にみる混戦のJリーグで、降格争いに巻き込まれそうです。

 

一方で、上を見ると、上位とは勝ち点一桁の差ではあるので、下を見るのではなく、上を見ても良い気がするんですが、試合を見る限り、ポジティブに考えることが出来ないような試合です。。。

 

今年の試合を見ていて、一つ気になることがありました。

 

セットプレーからの得点が少ない!!

 

FKからの直接はゼロ。。CKもあるんですが、得点につながらない。。。

ということで、客観的にデータをJリーグのサイトや、得点シーンをYoutubeで公開されているJリーグハイライトを確認して、去年と今年の比較をしてみました。

 

https://public.tableau.com/profile/daikoba#!/vizhome/201827_2/1

f:id:fsse_2003:20180923161225p:plain

 

気づいたこと

 

1.去年は得点の40%がセットプレーから

去年は、全50得点のうち40%にあたる20点がセットプレーでした。

まさに、中村俊輔選手効果!!

 

極端ですが、セットプレーからの得点がなかったとして勝ち点を計算してみたら、

勝ち点が58⇒44になり14も減ります!順位も9位です。(安定の中位?)

 

確か、名波監督は中村俊輔選手について「勝ち点10を持ってる」と言ってますが、本当ですね!(この辺の名波監督の数字感覚はとても好きなところです)

磐田、中村俊輔獲得による化学反応。高次元の所作言動が日常に。絶大な若手への影響(フットボールチャンネル)「闘莉王や嘉人みたいに勝ち点10持っている…|dメニューニュース(NTTドコモ)

 

2.明らかなセットプレーからの得点の減少

もともと、この仮説をきっかけに、調べはじめましたが、やはり減ってますね。。

2018年は27節時点なんで、流れからの得点は去年からほとんど変わってません。

 

一方でセットプレーからの得点がたった3点。。。厳しいですよね。

 

ここが1点でも入っていると、勝ち点を増やせている試合がいくつかありました。

タラレバですが、今年1点差で負けた試合、もしくは引き分けの試合をピックアップしてみました。

 

FKは距離もありますし、Jリーグサイトに載っているFK数だけだと考えるのが難しいので、CKでみてみると、黄色で網掛けした試合でCKから1点でも取れれば、勝ち点が大きく変わっていたかもしれません。

f:id:fsse_2003:20180923162640p:plain

 

最近の試合をみていると、下が気になるのか、自信なさげにプレーしているような感じで、選手のプレーが小さく見えるのが、とても寂しいところです。

 

去年のゴールシーンを振りかえってみていたら、ジュビロの選手たちの躍動がすごくて、選手も楽しそうなんですよね。

そんなシーンをもう一回見れることを期待してます!

生活防衛資金について考えてみました

こんばんは、daikobaです。

 

少し生活防衛資金について考える機会があったので、まとめてみたいと思います

 

生活防衛資金とは

シンプルに言うと、すぐに引き落とせる口座にある、資産のことです。

 

何もしてないと、金融資産は「銀行の預貯金」だけですが、

インデックス投資をやっていると、

 

・銀行の預貯金

・投資口座にある資金

 

という二つに分かれます。

2番目の投資講座にある資金については、引き出すのにすぐに引き出すことが出来ないです。

もちろん、クレジットカードを使った金額が引き落とされる先は、銀行の預貯金になります。

 

この銀行にある預貯金であったり、すぐに手元に引き出すことのできるお金のことを、

生活防衛資金、と言っています。

 

震災などの災害があった際など、投資口座にある資産は引き落とすことが難しいというのが考えです。

 

生活防衛資金はどれだけあればいいのか?

色々な本をよんでも、3ヵ月だったり、半年であったり、2年間であったり、色々書かれています。

結論から言うと、これからの皆様の生活スタイルに応じて変わってくる、というのが結論だと思うのですが、自分のケースを紹介していきます。

 

自分は、3ヵ月を基本にしていましたが、今回のケースでは、少し不安になりました。

 

賃貸で2年間の更新を迎えるので、引っ越しをすることを決めました。

 

引っ越しとなると、家にもよりますが初期費用としてこれだけの金額が必要になってきます。

 

・敷金と礼金

・開始月の家賃振込

・引っ越し代金

・その他(粗大ごみ、新しい家で購入するものなど)

 

これらの出費があった今(2018年5月20日時点)で、給料日前というのも重なり、

手元にある銀行口座のお金が20万円を切る金額になってしまいました。。。

 

もちろん、敷金の返却や、前のマンションが途中で抜けているのですが、1ヵ月分全額の家賃を払っており、それに伴う返金がこれから受け取ります。

 

ただ、それらの入金時期はすぐではなく、新居で必要なものをクレジットカードで買っているので、数か月はドキドキの生活です。。

 

エアコンがないので、他に買いたいものも含めて、電器屋さんのまとめ買いカウンターで相談しても

 

「すみません、、今、手元に資金があまりなく。。」

 

と答える有様です。(涙)

 

さらに、5月は自動車税の支払い時期です。

敷金の返却を、本当に首を長くして待ってます。

 

失敗の原因

この経験を活かして、何が失敗だったのかを考えました。

 

原因1.「賃貸の更新時期」が抜けていた

そのまま住めばここまで困ることはなかったですが、そんなに満足していなかった部屋でした。

そのため、更新金額を受け取れば引っ越しをすることは予想できました。

その2年間のタイミングというのを完全に抜けてました。

 

原因2.ボーナスの8割を投資に回した

すべてが失敗1につながるのですが、3月にあったボーナスの8割近くをインデックス投資に回しました。。

生活防衛資金を増やすタイミングはあったのですが、これからの出費タイミングのことを考えず、ボーナスのほとんどを投資に回しました。

 

 

逆に良かったこともありました

ただ、生活防衛資金が少なかったことで、買い物にストップがかかっているのは、

大きなメリットです。

もし余裕があったら、家電など衝動買いしていたことでしょう。

そういう意味で、少なくて良かったと思ってます。(節約生活が出来てますし)

 

 

結論

何かあった時のために生活防衛資金をためておく必要がありますが、

先ほども書いたように、その金額における安心感というのは、人によって変わってくると思います。

 

〇ヵ月分の生活費という考え方もそうですし、〇〇万円という基準でも良いと思います。

 

自分はハイブリットの考えで、3~6か月分の生活資金だけど6か月は多いから、最低100~200万ぐらいの資産が銀行口座にあれば安心かな、という考えです。

 

200万円以上手元にあると無駄に使ってしまいそうです。

 

ただ、一つ言えることは、お金の利用は計画的に

 

インデックス投資といえど、投資生活を通じて、投資をしていない人よりお金に向き合ってる時間であったり、意識が高いと思います。

 

きっとそれだけで、資産を増やす可能性が高いと思ってます。

 

そんなとき、一時的な出費がどこで起きてくるのか、ゆっくり考える時間を使って、

お金に向き合えればいいのかな、と思いました。

 

一応、2020年までの月ごとの資産計画シートは作っていたんですが、、、

楽天VTがようやくプラスになりました

こんばんは、daikobaです。

 

FOY2017の結果を受けて、2018年1月から楽天VTの積立を始めました。

3月にはボーナスもあったので、30万円分の追加購入をしました。

 

ずっとマイナスで来ていたのですが、ようやくプラスになりました。

本日時点の銘柄ごとの収支状況です。

f:id:fsse_2003:20180513204745p:plain

 

VTIの最新の1年間の推移はこのようになってます。

(Upで赤は違和感ありすぎる。。)

f:id:fsse_2003:20180513204920p:plain

 

これから政治も色々と動きそうですし、株価も変わっていきそうです。

ただ、一喜一憂せず、毎月コツコツ積み立てていきます。

得点シーン振り返り~2018年ルヴァンカップ グループステージ Bグループ第5節 ジュビロ磐田対清水エスパルス~

こんばんは、daikobaです。

 

サッカーは90分の中でキーパーを除くフィールドプレイヤーの動きが複雑に絡み合って、ゲームが進んでいきます。

 

ボールを持っている選手を中心に見ることが多いですが、それ以外の選手の動きのサポートがあることで、スペースが生まれたりして、得点のチャンスやパスコースが開きます。

 

得点シーンを中心に、Jリーグの中から「おっ、これは!」と思うシーンを取り上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

少しでも楽しみにしてくださる方がいらっしゃると嬉しいです^^

(ピックアップするチーム以外は、背番号で書きます)

 

さて、第一段として、今週の水曜日にあった

ルヴァンカップ グループステージ Bグループ第5節 ジュビロ磐田清水エスパルス】 

から、ジュビロ磐田の先制シーンを取り上げたいと思います。

 

www.youtube.com

中野誠也選手の2回の動き直しの良さに焦点が当たってますが、じつは隠れた動き出しがディフェンス陣を混乱させた点が注目です。

 

この得点は、清水エスパルスコーナーキックから始まります。

 

まずは、そのシーンです。

こうやって切り取りとわかりますが、ほぼゴールキーパーがキャッチする可能性が高いです。

 

右下に中野選手がいます。

f:id:fsse_2003:20180511200413p:plain

 

上の写真をみると重心が前に向かっているのが分かりますが、1秒後には画面から消えて、マークしていた清水エスパルスの選手だけが残っているのがわかります。

(この清水エスパルスの10番を覚えておいてください。)

f:id:fsse_2003:20180511200623p:plain

 

この中野選手の動きにつられて、清水エスパルスの10番の選手が中野選手を追いかけます。

そして、反対にそこに出来たスペースに同じく抜群の判断で右サイドへ斜めの方向に走るのが荒木選手です。

同時に、キャッチした後、前にスペースがあったので、三浦選手も前に向かって走り出しています。

 

f:id:fsse_2003:20180511201015p:plain

 

このシーンがとても大事だと思ったので、深堀りさせて頂きます。

 

ちょっと一人が被ってて見えにくいのですが、PA内にジュビロの選手が7人います。(GKを除く)

そして、清水エスパルスの選手がPA内に6人、そしてCKなので、映っていないところに(サイド)に1人います。

 

そうすると、おそらく広大な前方のスペースには、3対3の状況が出来ていると考えられます。きっとそれを見て、三浦選手はすぐに前に出たんでしょう。

 

さらに、CKだと、FW1人に対して、DFが2人のマークがつきます。

 

そうすると、清水エスパルス側の方としては、3人の内の1人が最初のシーンで中野選手をマークしていた10番の選手になるので、荒木選手はフリーの状況で走っているといえます。

 

その状況を一瞬で判断して、荒木選手の前に「ピンポイント」なスローインをした三浦選手は流石です!

 

もちろん、それを可能にしたのが中野選手の動き出し1です。

動きにつられたことで、下のシーンで、荒木選手と清水エスパルスの選手の間にスペースが出来てます。

この清水エスパルスの選手の動きをみると興味深いですが、一度中野選手を追いかけて、スローインとわかると引き返してます。そうなったことで、荒木選手へのプレスが遅れました。

f:id:fsse_2003:20180511201954p:plain

 

そして、次のシーンです。

ボールがギリギリではあったのですが、荒木選手が個人技で中にターンをして、この状況を作り出します。

ここも、スピードに自信があったりするとサイドでスピード勝負になるケースもあるので、中への切り返しを選択したのは、さすがですね!

 

やはり、3対3の状況が出来ているのが分かります。

f:id:fsse_2003:20180511202329p:plain

 

ここから先は、荒木選手の素晴らしい個人技と、中野選手の動きだしで、見事な得点が生まれました。

 

ただ、エスパルス側としては、

●荒木選手が最初にボールに触れたところ

●1対1で中に切り替えされ、パスを出す余裕を与えてしまった

で、止めるチャンスはあったので、悔やまれるところでしょうか。

 

ただ、やはり最初のボールが荒木選手に渡ったところがスタートなので、

そういった意味で、中野選手の動き出しがグッドだったと思います!

リプレイ見ると、忍者のように、画面から消えます(笑)

 

(荒木選手のもらう動きとボールの持ち運びもとても好きなのですが、そこは見ても分かりやすいので、、)

 

明日も勝利を期待したいですね!